CADの基礎知識

CADという三文字は誰もが無意識に目にしているかと思いますが、キチンと何を意味する言葉なのかを理解されている方となるとどうでしょうか。 通称キャドと称されるこの言葉、コンピューター支援設計を意味しており、コンピューターを駆使して各種設計作業を行う作業を指しています。またコンピューターを用いての設計支援ツールをCADシステムと称しています。

かつて設計という作業は人の手に因るアナログ作業でしたが、コンピューター及びそのソフトの飛躍的な発達もあり、かつては試作模型を人の手で構築したり、図面を手書きで作成する作業が必須だった設計という作業も、コンピューターの中で処理され画面上に瞬時に現れるスタイルへと変化を見せています。

ちなみに日本国内での定義としては「製品の形状や属性データをコンピューター内で作成、解析、処理する設計を指す」旨を明記し定めています。人の手に因る設計作業と比較してより正確で細かな作業が確実に処理出来、データ面の保存やソフトの互換性を活用する事による共有が容易であるなどのメリットに富んでいます。数年から10年程度の実地学習で処理能力を身に付ける事が可能であり、今後更に他方面での設計作業に欠かせない重要な存在となり続ける事、間違いありません。CADを専門に学ぶ専門学校や専攻コースも多数登場しており、多くの近未来に設計者の卵達が日々勉強を続けている事も周知の通りで在り、就職や就業に際しての大きな武器となる点でも注目を集めています。

Copyright © 2014 CADシステムについて All Rights Reserved.